ホーム > 気功について

気功について

矢山式気功を通じて、健康な身体、能力開発、意識の進化をめざす人々をサポートします。

矢山式気功を通じて、健康な身体、能力開発、意識の進化をめざす人々をサポートします。
医師であり、気の研究家でもある矢山利彦氏の気の技法と、補助具をシステムとして社会に提供いたします。
この目的のために、気功法と、健康増進、気に関する器具の研究開発を行います。

矢山式気功法 “気”とは、そしてなぜ気功をするのか 【矢山利彦】

自然が、そしてその一部である人間が物質であると同時にエネルギーであるという認識が量子論から導き出されることは常識となってきました。しかしこれを知識としていくら積み上げても、我々の日常の意識は物質生活の中にとじこめられていて、存在がエネルギーに満ちているという実感は湧いてきません。
ふり返ってみればこのような世界観は、物質を取り扱う科学が進歩する前は、むしろ一般的でした。

ギリシア時代には、世界に広がっている蒸気のような希薄な「気息(ティモス)」と呼ばれる実体が、生命の起源であり、それが人間の身体に入って感情や思考力を生み出し、完全な意識のある心、すなわち自我をつくると考えられていました。

東洋においても「気集まれば生じ、気散じれば滅す」という言葉に示されるように、生命は目には見えない「気」というエネルギー的実在によって現れてくると直感的にとらえていました。

このような世界観、人間観は、近代科学の発展にともない、ほとんど打ち棄てられてきましたが、21世紀に入ってそれが新しくよみがえろうとする時代の流れが生じてきました。

その理由は、物質的価値を過度に追求することが、自然や人間社会に様々な問題を引き起こしていると多くの人々が気づき始めたからだと思われます。
私自身は、人間を臓器の集合体として取り扱う外科医として医療を行っているうちに、さらに患者さんを治すための手段として、東洋医学を学び、その本質をなす「気」について気功を通じて学んでいく中で、人間は物質の身体だけではなく、まちがいなく気のボディを持っていることを知り、その気が外界とも交流していることを知りました。

このような見方を(気-コスモロジ(気・コスモ)」と呼ぼうと提案します。「気・コスモ」にしたがって人間や病気を観ると、西洋医学にない新しいアプローチを取ることができます。
それにより例えばアトピー、喘息、リューマチなどの難治の病気も根本的に治療することが可能となりましたし、癌に対しても希望が持てるようになりました。
この「気・コスモ」が自分の認識の中に組み込まれてくると、それぞれの仕事や立場において今までになかった発想やアプローチを取ることができるようになってきます。

そして自然を見、音楽を聴き、何かを食べ・・・ありとあらゆる営みに「気」が脈々と活動していることに気づいてきます。
これは、世界がそれまでより何倍も美しく輝いてくることなのですが、知識だけでは決して入っていけない世界でもあります。

気功法は、この「気・コスモ」を自らのものにする具体的な方法論なのです。


気的生活をクリエイトする

矢山式気功を通じて、気の観点から全く新しい発想で人間が本来持っているエネルギーを活性化する方法を研究し、そのノウハウと商品を提案します。

電磁波ストレスを解消するための研究開発
空間の電磁波を解消する素材・工法のご提案 <ゼロアース空間>クオリティの高い睡眠の為の寝具 <快気眠シート>携帯電話用、パソコン用電磁波防止グッズ <ゼロアース>
美味しい安全なエネルギー水の提案 <バイオタイドII>
身体の中からきれいにする食べ物の提案 <4種のスパイス>
気のエネルギーを活性化する商品の研究開発 <ハーブ神農シリーズ><アロマシリーズ>
第3世代のサプリメントの研究 <糖鎖栄養素、ギャバ>

“気的生活をクリエイトする” 研究開発者 矢山利彦先生

↑ページの先頭に戻る