矢山式気功法

HOME > 矢山式気功法 > 矢山式小周天気功法WEB教室 > 14.立禅

14.立禅

立禅背骨が今まで以上に良く揺すれますので、以下と同様によく感じながら、リラックスを深めましょう。飽きない様に、最低30分位立禅をすることを目標にする と良いでしょう。最初に、立つと時の膝の高さを調整して決め、今日はそれで立つ様にします。それを変えずに、少々きつくなっても変えないのです。その時に 頭の中から足に"頑張りなさい"という命令が行き、これが脳を鍛えることになるのです。そうやってもう少し頑張っていますと次には"気持ちが良いなぁ"と 感じる時がやって来ます。この時、脳の中にはエンドルフィン等の脳内モルヒネが放出されていて、体の気の流れがよくなるのだと考えています。しかし、気持 ちが良くなかったら、止めて下さい。無理をする必要はありません。健康な、元気な人は少し膝を深く曲げると良いでしょう。最初から立禅30分などといって も難しいですので、飽きないで出来る様にして下さい。

ショッピングサイトへ ページの先頭に戻る